読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

7月21日

10時ごろ起床。もうボルダリングから4日経つのに、まだじんわりと肩周りが痛い。しかし、いい加減泳ぎたいと思っていたので、痛みを押して13時ごろに学内プールへ。30分ほどかけて、クロールと平泳ぎでそれぞれ50m×10くらい泳いで満身創痍に。プールが開放されている期間中に1時間くらいは泳ぎっぱなしでいられる程度に身体を作りたい。

その後、図らずも延滞してしまっていた本を返すために図書館へ向かい、図書館前のベンチでプール後のおやつとして持ってきていたバナナを食べる。時刻的には3限の最中だったので人通りは少なかったが、それでも若干視線が気になる。それと、バナナケースが欲しいと感じた。100均とかに売っているのだろうか。

バナナを食べ終え、図書館に入って本を返し、そのまま勉強。ネグリとハートの『叛逆 マルチチュードの民主主義宣言』を読んだ。
ところどころ気が逸ったような書きぶりに思えたけれど、負債が資本家と労働者の関係を以前とは別のものに変えているという話は面白かったし、僕の大好きな(主張に賛同するかはおいといて)ルソーとシュミットを引いて、代議制は応答責任を持たない一般者=不在を現前させることだという話など、楽しく読んでいた。まだ前半分くらいしか吟味して読めていないけれど、すでにこの本以外の著作も読む必要がある感じがプンプンする。

途中で集中力が切れて、適当に本棚の間を彷徨いていると、ロシアの学校で使われている歴史の教科書の翻訳があったのでパラパラめくっていた。気づけば18時を回っていたので帰ってご飯を食べた。

ご飯を食べるか食べないかくらいのころからどうも体調が悪い。鼻水も出るし頭も痛い。プールから出た後に長いこと薄着でクーラーに当たっていたのがよくなかったのか、また睡眠の質が低かったのか。色々と思い当たることがあるも、眠気はなかったのでゴロゴロしながらKindleチェーホフ『イオーヌィチ』を読みかけた。途中まで登場人物の名前を勘違いしていたことに気づかず、首をかしげていた。気づいた時点で読み返す元気もなく、iPadをいじって遊んでいた。